今できないことを次々と。

いま、あらゆる産業基盤でデータ・セントリックな革新が進んでいます。

我々は産業基盤の機械化・遠隔化・自動化に強みを持つロボティクス・ソリューション・イノベーターです。

私たちアイ・ロボティクスは 持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

​業務内容

SERVICE AREAS

事例等については
お気軽にお尋ねください。
他にはない高難度特化型ソリューション

アイ・ロボティクスはプラントやインフラ設備の建設施工、メンテナンス等における高難度のロボット・ソリューションを一貫して行っています。​

ドローンやロボットによる点検・調査・測量に加え、物理作業や自動化、上下流工程へのインテグレーションに至るまでを見据え、他社のドローン点検との組合わせや既存アセットの活用もフレキシブルに提案しております。
市販の機体やサービスでは解決できなかった課題もまずはご連絡を。

<カスタマイズドソリューション例>
​Osaka Metro様での事例動画
※アイ・ロボティクスが提供する全てのドローン点検作業は最大10億円(使用不能損害に関する特約・プライバシー保護に関する特約付き)でカバーされており安心してご利用いただけます。(詳細リンク
解決するまで伴走するアイロボ​のDX

 

​ソリューションにおいて我々が最重要視するのは、お客様の「課題が解決された状態」。ロボットもドローンもその解をなすツールの一つに過ぎません。アイ・ロボティクスは最後まで伴走することをコミットし、機械化・遠隔化・自動化によって課題が最終的に解決された状況を提供します。

 

​会社概要
CORPORATE PROFILE

株式会社アイ・ロボティクスは2016年11月に創業されたベンチャー企業です。2016年に北海道で初めて行われたロボットによる遭難救助技術コンテスト「ジャパン・イノベーション・チャレンジ」での優勝を機に創業しました。

ドローンに関しては、前身となる「インダストリアル・ロボティクス研究会」の時代から、いち早くその社会実装に取り組んできました。前身となる勉強会から数えると日本では最も古参のドローン関連企業の1つです。

現在、アイ・ロボティクスは茨城県の河内町にドローン実証実験の集積地となる研究・メンテナンスセンター「ドローンフィールドKAWACHI」を自治体と共同で運営するほか、東京流通センター様との協業により都内に1200㎡の屋内による実証実験可能な場所を確保し、ドローン・ロボットによる社会のデジタル・トランスフォーメーションを推進しております。

<代表> 代表取締役社長 安藤嘉康

<設立> 2016年11月11日

<主要取引先> 重工プラント、電鉄、デベロッパー、ゼネコン、通信会社等
※弊社では取引先と厳正な機密保持契約を締結しており、ドローン・ロボットの運用において取得された機密情報および個別の開発内容は契約に基づき厳正に管理されております。そのため、断りなく取引社のロゴを掲載したり共同での実証実験・開発内容を公開することは致しません。(プライバシーポリシー

<取引先銀行> みずほ銀行銀座支店、三井住友銀行新宿西口支店、さわやか信金四谷支店、楽天銀行

​<主要株主> 創業株主・個人投資家数名、ドローンファンドアルコパートナーズエン・ジャパンマネックスベンチャーズ三菱UFJキャピタル、専門商社・機械メーカー複数社

 

最新情報
LATEST INFORMATION

 

​ドローンフィールド
KAWACHI

茨城県河内町に実証実験・メンテナンスセンターと隣接フィールドを運営しています。地方の遊休資産を活用した事業は、地方創生のモデルとして多くの取材を受けました。

iROBOTICS
リサーチラボ

海外市場調査や関連テクノロジー動向調査、フォーカスベンダー紹介、中期計画策定の為の市場予測のご提供や、それに伴う社内研修・イベント開催のお手伝いもさせていただいています。

 
AdobeStock_199768165.jpeg

メディア掲載事例

​お問い合わせ

CONTACT

事務所所在地:

<本社>
〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル1階Froh

<開発・メンテナンス拠点>
〒300-1403 茨城県稲敷郡河内町金江津7501-2


<大阪事業所>
〒542-0076 大阪市中央区難波4-1-15 近鉄難波ビル 3F


<代表メールアドレス>
info@irobotics.co.jp

    弊社の場所(地図)こちら >

aaa.png

こちらのフォームからお気軽にお問い合わせ下さい:

 
 
  • irobotics FB

(C)2018 株式会社アイ・ロボティクス  個人情報保護について

コンパス